Petek 1855(ペテキ)

沿革
PETEK1855(ペテキ)はヨーロッパでもっとも歴史のある革製品ブランドの一つに数えられます。1855年、当時はオスマン帝国の要地であったマケドニアの町ヴェレスで、PETEKはオスマン軍の馬具工房として産声を上げました。20世紀初頭になると、ベルト、財布、バッグといった一般消費者向けの製品を製造するようになります。1950年台前半には、イスタンブールに拠点を移し、今日では本社に隣接する工場で、およそ200人の職人が働いています。

製品
PETEK1855は、ヨーロッパ高級ブランドの製造委託を受けておりますが、同時にPETEKおよびVELESという独自のブランド商品の製造も手掛けております。委託製造は、ノーブランド、ダブルネームの両方が可能であり、クライアントは主にヨーロッパ、英国、日本の方々です。

マテリアル
PETEK1855は世界的にその品質で知られる、トルコの最高級革を使用しております。OEMおよびコラボ製品についてはイタリア、フランスからも皮を取り寄せています。さらに最近は、カーボンファイバー、高耐久合成皮革を使用した製品へと製造分野を拡大しております。

お問い合わせ
ご質問、詳細のお問い合わせは下記のフォームにてお願いいたします。